プロフィール

はる

Author:はる
高齢出産で2児の母。物が溢れ手狭になってきた我が家。単に片付けが下手なだけという気もするが、気持ちは、そろそろ一戸建て・・・なのよね。

不動検索サイト等


土地検索の面積が10㎡単位で探しすい 




土地検索の面積が10㎡単位で探しすい
駅からの時間の絞込み項目無し






速報:地価とマンション価格の動向調査発表。「ノムコム」



↑エステート白馬は一物件に対して写真の量が他よりも全然多い。


売却一括査定サイト


おすすめ本
注文住宅を考え始めたら読む本

「いい家」が欲しい。 改訂4版
「外断熱+木造+二重通気工法=最高」と説く本。偏向の気味はあるが、素人にもわかりやすい。

「外断熱」が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)
「いい家」の反論本。「いい家」を読んだら、必ずセットで読まないと中立に判断できない。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
新居便利リンク

地デジアンテナ設置

月別アーカイブ
住宅設備用品

設備カタログまとめて請求できる

内・外建材

エクステリア他

床のワックス

照明

住まい関連

ブログ内検索
リンク
PR

RSSフィード

わが家は・・・・・建つの?

二人目が生まれ、専業主婦なのにちっとも片付かない我家。もっと広い一戸建てに住みた~い。建売or中古? やっぱり注文建築にあこがれる日々

--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04
20
(Mon)
都内の建売の延べ床面積の多くは88㎡くらい。たま~に97㎡とか、極々たまに103㎡とかが散見する感じ。

そんな中、出会ってしまった桧家住宅建設の110㎡の建売。広~い&ゆったり

せっかくの買い替えなのだから、広さを体感できる家にしたい!
それには110㎡くらいなければ、やっぱり駄目っと思った次第。
でも、110㎡の家って建売ではほとんど選択肢がない。
そこで、注文住宅を建てる選択肢はどうだろうっと心によぎったのが、注文住宅を検討し始めたきっかけでした。

でも、実際は土地が高い。探している地域は容積率が80%がほとんど。
110㎡建てるには、137㎡が必要になるけれど、駅近く日当たりがよく137㎡なんて、目が飛び出すようなお値段。
とても買えない

しかしいくつかハウスメーカーの展示場を見学しているうちに、狭い土地でも工夫次第で広く感じられることがわかった。

良くある手法は、ウッドデッキをリビング前に設置して視界に横の広がりを持たせる技ですが、
もう一つは、角地の建蔽率の規制緩和を利用する技。

角地の場合、条件を満たせば建蔽率が+10%で建てられます。

建蔽率40%容積率80%の場合、建蔽率50%容積率30%の建物も建てられるということです。

そして容積率は「人が乗れない空間=吹き抜け」や高さ1400mm以内のロフトは、算入されないみたいなんです。

なので、通常の部屋としては作れませんが、
例えば、1Fと2Fの大きさの差の部分を利用して、
1Fの天井の上にロフト=天井の低い中2階みたいな空間が作れたり、

大きな吹き抜けにして、開放感を持たせたりするのは容積率には入らない。

極端な話、外見だけなら1Fと2Fを同じ大きさの総2階の建物を作ることも出来ます。

容積率の規制って、建物が押し迫って建たないための規制だと理解していたのですが、
この場合、外観だけ見たら容積率100%の建物と同じ大きさです。

吹き抜けだろうと、そこに天井が貼ってある空間だろうと、外からは変わりないのに、なんだか不合理な規制だなぁ


ともかく、吹き抜け+ルーフバルコニーを設置したり等、視覚的にいろんな工夫が出来ます。
例えは、クレアホームさんに紹介してもらった建築家さんのHPではこんなルーフバルコニーがリビングから臨めたりとかで、とっても素敵です(ここは角地ではないのかな)









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tanosiiseikatummy.blog24.fc2.com/tb.php/92-e46fbd3d

 | HOME | 
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。