プロフィール

はる

Author:はる
高齢出産で2児の母。物が溢れ手狭になってきた我が家。単に片付けが下手なだけという気もするが、気持ちは、そろそろ一戸建て・・・なのよね。

不動検索サイト等


土地検索の面積が10㎡単位で探しすい 




土地検索の面積が10㎡単位で探しすい
駅からの時間の絞込み項目無し






速報:地価とマンション価格の動向調査発表。「ノムコム」



↑エステート白馬は一物件に対して写真の量が他よりも全然多い。


売却一括査定サイト


おすすめ本
注文住宅を考え始めたら読む本

「いい家」が欲しい。 改訂4版
「外断熱+木造+二重通気工法=最高」と説く本。偏向の気味はあるが、素人にもわかりやすい。

「外断熱」が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)
「いい家」の反論本。「いい家」を読んだら、必ずセットで読まないと中立に判断できない。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
新居便利リンク

地デジアンテナ設置

月別アーカイブ
住宅設備用品

設備カタログまとめて請求できる

内・外建材

エクステリア他

床のワックス

照明

住まい関連

ブログ内検索
リンク
PR

RSSフィード

わが家は・・・・・建つの?

二人目が生まれ、専業主婦なのにちっとも片付かない我家。もっと広い一戸建てに住みた~い。建売or中古? やっぱり注文建築にあこがれる日々

--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04
13
(Mon)
「少し高めですが、通常の建売とは一線を画すグレードの建売をご紹介します。」とS開発さんが案内してくれた桧家住宅建設の建売

好みの外観、そして玄関のドアからグレードが違う。
ときめきの予感
中に入ってみると、「そうそう、これが私の求めていたグレードよ!」
キッチンカウンタートップは人工大理石。
床材その他もそれまでの物件とは確かに違い、なんだかほっとする空間。

そして、レンガが効果的に使われている温かみのある外観は、自分がおしゃれなミセスになったかのようなライフスタイルをイメージさせる。

でも、2階の階段上り口にむき出しで洗面台が置いてあったり、なんか田舎っぽさも・・・

同条件の他の建売よりも、1割くらい高いのかな。
私たちが探していたのは90㎡前後の物件でしたが、
8棟ほどの開発現場にまだ残っているもっと大きな一棟も参考までに見せてもらうと・・・。

120㎡でビルトイン車庫で3方道路の物件で、すばらしく良かったんです。
(でも、居室の照明がなんか使いにくかったり、棚板がガチャむき出しだったりとなんとなくダサいって言うか、せっかくの建物のグレードを損なうような仕様がチョコチョコ垣間見られましたが・・・)

やっぱり120㎡のゆとりはいいね~。
これくらいの空間に身をおいてゆったり暮らしたいよね~。(これなら万一義母と同居になっても大丈夫そう)
でも、私たちの予算より1千万くらい高くて、とても手が出ません。

一軒目は、なんとか予算の範囲内ですが、120㎡を体感してしまうと90㎡がとても、小さく感じてしまいました。


家に帰って、
「桧家クラスでなければ、その他の普通の建売を何件見ても、結果は同じで、不毛な作業だよね。」
「それに毎週、家探しに時間がとられれ、自由な時間がなくて苦痛」
「案内してくれる不動産屋さんも、真面目だとは思うけれど、こちらの質問にズバッと答えてくれなくって、丁寧なんだけれど遠回りな説明が多くてわかりにくいし」

ということで、その不動産屋さんには案内を断って、しばらく不動産屋との家探しはお休みしすることにしました。

桧家住宅建設の建売は、以前は「住宅建設」という名前の西東京が地場の会社でしたが、近年、桧家グループに吸収合併されたそうです。

以下は、その後お付き合いした3社の不動産屋の営業さんから聞いた話で、四方山話のレベルです。
仲介業の不動産屋が口をそろえて「桧家さんの建売は、自分たち仲介業者からすると高い価格帯の物件ではあるが、なんかいつのまにか売れている。(自分たちが売っているわけではないが)」
中の1社の方が「やっぱり、建売のグレードでは飽き足らず、ああいう物件(概観・グレード)がいいって言うお客さんがいるんですよ。でもあそこは設計がイマイチ」

(設計がイマイチ・・・・て、頭の中に、唐突な位置にあった洗面台や照明が思い浮かびました。)

案内されたとき、玄関先に桧家住宅建設の建売のチラシが置いてあったので持ち帰り、ネットで検索してアプローチしてみました。

チラシには、他の物件も記載されてました。
今まで案内してくれたS開発を通してもいいのですが、売主と直接取引すれば、仲介手数料がかからないし・・・。

*その後、いろいろ勉強していくうちに、素人は不動産のプロである売主と相対取引をするよりも、買主側の仲介業者に自分の味方としてチェック&サポートしてもらったほうがいいと感じています。

だたし、味方にする業者は、人間性+能力で信頼できる会社&人物である必要があります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tanosiiseikatummy.blog24.fc2.com/tb.php/79-8a044273

 | HOME | 
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。