プロフィール

はる

Author:はる
高齢出産で2児の母。物が溢れ手狭になってきた我が家。単に片付けが下手なだけという気もするが、気持ちは、そろそろ一戸建て・・・なのよね。

不動検索サイト等


土地検索の面積が10㎡単位で探しすい 




土地検索の面積が10㎡単位で探しすい
駅からの時間の絞込み項目無し






速報:地価とマンション価格の動向調査発表。「ノムコム」



↑エステート白馬は一物件に対して写真の量が他よりも全然多い。


売却一括査定サイト


おすすめ本
注文住宅を考え始めたら読む本

「いい家」が欲しい。 改訂4版
「外断熱+木造+二重通気工法=最高」と説く本。偏向の気味はあるが、素人にもわかりやすい。

「外断熱」が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)
「いい家」の反論本。「いい家」を読んだら、必ずセットで読まないと中立に判断できない。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
新居便利リンク

地デジアンテナ設置

月別アーカイブ
住宅設備用品

設備カタログまとめて請求できる

内・外建材

エクステリア他

床のワックス

照明

住まい関連

ブログ内検索
リンク
PR

RSSフィード

わが家は・・・・・建つの?

二人目が生まれ、専業主婦なのにちっとも片付かない我家。もっと広い一戸建てに住みた~い。建売or中古? やっぱり注文建築にあこがれる日々

--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11
13
(Fri)

防水シートをしてから断熱工事を 

基礎工事~上棟までは1日を除いて毎日晴天だったのに、その後の天気はイマイチで明日と火曜日は雨の予報です

明日からは断熱工事が始まるっていうのに、今日行ったらまだ防水シートが貼られていません。

ヤフーの一戸建て 建築途中の確認点解説(本体工事でのチェックポイント)を見ると、

●防水工事が終わったあとに、断熱工事。順番を確認
防水工事が終わると、室内の断熱工事を行います。この防水工事と断熱工事の順番が逆になっていないかどうか、必ず確認してください。
防水工事が終わっていないのに断熱工事を行うと、雨が降ったときに断熱材がぬれてしまい、大幅に断熱性能が落ちてしまいます。ぬれ方がひどい場合、断熱材をすべて交換する必要もあります。

ムムムッ

さっそく営業さんに電話⇒営業さんが現場監督に確認し折TELでいうには、
「確かに防水⇒断熱の順番がセオリーらしいのですが、石膏ボードを搬入し、建物の重量を確定してから金物の締め付けをしてからでないと防水シートはできないらしく、石膏ボードを搬入してしまうと、石膏ボードが邪魔で断熱工事がやりにくいから」とのことでした。

え~~っ、じゃ他の現場はどうやってやっているんだろう???
「金物の締め付け」と「断熱材が濡れるリスク」と究極の選択ってやつぅ? そ、そんなぁ~ 

確かに、在来の軸組み木造工法に比べると、構造合板で囲まれているので雨が直接中にガンガン吹き込んできているわけではないけれど、、
ガラスが入っているのに窓枠の隙間からは水がしみているし、
一昨日の大雨の日は屋根(野地板のみ)からすごい雨漏りがしていたし、
断熱工事の4日の日程中2日も雨の予報もあるしで、
やっぱりこの状態で断熱材は勘弁して欲しいです

(ちなみに窓のサッシや野地板からの雨の進入は棟換気?の金物をモルタル塗装後に取り付ければ大丈夫らしい・・・けど)

「あれだけ結露にこだわって、わざわざ+のお金のかかる断熱方法にしたのに、天気予報も雨だし、防水シートをしないで断熱材が濡れたら意味無いので、ちょっと・・・」
面と向かってクレームを入れるのが苦手な私もちょっとがんばりました。

すぐに折TELがあって、16日に石膏ボートを運び込み、17日に防水シート、18日以降に断熱工事に工程を組みなおしますと連絡がありました。

天気予報では17日も時々なので、その日に防水シートを貼るのもあんまりウェルカムではありませんが、あまり神経質になりすぎるのもどうかと思い、とりあえずその工程でやってもらうことにしました。

前回のコンクリート打設時に現場に行かなかった反省を今回は生かせ、多少なりとも、不の部分を未然に防げたのは良かったと思います。

 【追記】
(ワンズライフホームさんの名誉のために・・・誤解を招く文章だったことをお詫びし、加筆します)
後から工事中の写真を見返して見て気付いたんですが、
工期の関係から、断熱工事を防水シートに先行してやるに当たり、
ワンズライフさんは、防水テープを床と壁の間の部分(後で水切金物に取り替えていた)や窓のサッシ周りの水のはいって来易い部分に暫定的に貼る雨対策をしていたみたいです。
(11日に雨漏りをした屋根も後の工程で金物がつく場所には暫定的に防水テープで雨対策をしたといっていました。)

なんでこんな推測をしたかというと、
ネットの工事チェックマニュアルを見ると、
サッシ周りの防水テープは防水シートと一緒にするかんじなんです。
また、床と壁感の水切を設置する前に防水シートを貼る工程は見当たらないので、
もしかしたら、防水シートが後工程になってしまう代わりに、暫定的に防水テープで隙間を塞いでくれていたのかなぁと思った訳です。

隙間が防水テープで完璧にブロックされていれば、在来工法と違いツーバイフォーは構造合板で囲われているので、直接雨がグラスウールにあたることは無いと判断しての工程組みだったのかとも推測できます。

それでも、施主(私)が神経質に断熱材が濡れるのを恐れていたので、安心させるために工程を組みなおしてくださったようです。

ということで、ワンズライフホームさんがけっしていい加減な工事をやっている訳ではありません。
現場監督さんは1級建築士の資格を持っているベテランさんでそれなりに考えてやってくださっているようです。(ちょっと口下手系なので、最初はわからなかったのですが・・・)

もっとも、大雨&風で吹き込んでくる場合は、防水テープ有りのサッシの隙間から雨が入り込んでいたので、やっぱり断熱工事は防水シートの後に越したことは無いと思うのですけれど・・・







スポンサーサイト

コメント

Re: ホントのことを言って欲しい 

おきらく旦那さま

断熱工事が外注なので、そこを動かさずに工程を組みなおした感じ・・・確かにしますね。
業者さんが決算がらみで工期を気にしているので、その辺のところ
ちょっとよ~く話し合ってみます。

ホントのことを言って欲しい 

グラスウール施工するのに石膏ボードが邪魔だなんて・・・マジすか?
単に外注でスケジュール合わないだけとかじゃなくて?

あ、でもウチも似たような理由で、屋根に瓦を先に乗せましたよ。
瓦で押さえつけてから筋交いを付けていかれました。
似た理由で石膏ボードとかで重みをつけるんですかね。

ちなみにウチは石膏ボード搬入したのは上棟から100日以上経った後(汗)
http://laserdiode.blog100.fc2.com/blog-entry-502.html
でも、搬入した後もグラスウール貼る作業残ってましたよw

しかし・・・野地板の雨漏りは気になりますねー。合板だと特に濡れるのは
いい気がしませんねぇ。バッチリ雨対策をしてもらってくださいねー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tanosiiseikatummy.blog24.fc2.com/tb.php/145-68972e60

 | HOME | 
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。