プロフィール

はる

Author:はる
高齢出産で2児の母。物が溢れ手狭になってきた我が家。単に片付けが下手なだけという気もするが、気持ちは、そろそろ一戸建て・・・なのよね。

不動検索サイト等


土地検索の面積が10㎡単位で探しすい 




土地検索の面積が10㎡単位で探しすい
駅からの時間の絞込み項目無し






速報:地価とマンション価格の動向調査発表。「ノムコム」



↑エステート白馬は一物件に対して写真の量が他よりも全然多い。


売却一括査定サイト


おすすめ本
注文住宅を考え始めたら読む本

「いい家」が欲しい。 改訂4版
「外断熱+木造+二重通気工法=最高」と説く本。偏向の気味はあるが、素人にもわかりやすい。

「外断熱」が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)
「いい家」の反論本。「いい家」を読んだら、必ずセットで読まないと中立に判断できない。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
新居便利リンク

地デジアンテナ設置

月別アーカイブ
住宅設備用品

設備カタログまとめて請求できる

内・外建材

エクステリア他

床のワックス

照明

住まい関連

ブログ内検索
リンク
PR

RSSフィード

わが家は・・・・・建つの?

二人目が生まれ、専業主婦なのにちっとも片付かない我家。もっと広い一戸建てに住みた~い。建売or中古? やっぱり注文建築にあこがれる日々

--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11
04
(Wed)

LOW-Eガラスの構成を考える 

Low-eガラスには断熱Low-eと遮熱Low-eの2種類があります。

■ひとつは高断熱Low-Eガラスと呼ばれるもので、室内側のガラスの空気層側に金属膜があり、特徴としては太陽の熱を取り入れ、室内側の熱を逃がさない特徴があります。
■もうひとつは遮熱高断熱Low-Eガラスと呼ばれるもので、室外側の空気層がわに金属膜があり、特徴としては太陽の熱をさえぎり(遮熱)、尚且つ室内の熱も逃がさないという特徴があります。

建設業界では、寒冷地では断熱Low-e、それ以外の地区では遮熱Low-eという既成概念があるらしく、ここ東京でLow-eにしてくださいとお願いすると、東西南北すべて遮熱Low-eのまま話が進んでしまいます。
方位や直射日光の当たり具合によって、遮熱・断熱の構成を変える場合は、施主側から工務店に切り出したほうが良いです。
我が家も発注ギリギリのところで確認して、なんとか変更が間に合いました

遮熱Low-eでは、太陽の熱を遮ってしまうので、冬のパカポカ日差しの恩恵を受けることが出来なくなり、冬に陽だまりの外が暖かい陽気でも室内は肌寒いとなるそう

今住んでいる我が家は日当たりが良く、冬でも日が出ているうちは暖房器具が要りませんが、
遮熱Low-eにするとそうはいかなくなりそうです。
(断熱性は高いので省エネ暖房であたたかくはなるそうですが・・・)

住まいの水先案内人では「夏対策では直射日光が当たる窓は方位に関わらず遮熱Low-eにすべし」との主旨が書いてあります。ただ、この方は冬の南窓辺の日向ぼっこ用に南の窓は2重サッシにし、冬は遮熱サッシは開け放し、夏は遮熱サッシを締めるという工夫をされています。

お金があれば、このような2重サッシがベストでしょうが、そうもいきません

夏に南の窓に直射日光が当たらなければ、悩むことも無いのですが、
我が家はデザイン優先で1Fの窓に庇がほとんどありません

一戸建てでは、暖気が2階に溜まるので2階は冬暖かく夏暑いとのことなので、
2階は東西南北すべて遮熱、1階も東西は遮熱Low-Eで問題ないのですが、
問題は、1階の北と南をどうするかです?

北側は断熱にしたほうが?とも思いましたが、
遮熱Low-eにしても 室内の熱は逃がさないという断熱機能は備わっているそうなので、北も遮熱Low-eに

南は、・・・・・うぅ~~~~ん悩むぅぅぅぅぅぅ~。

南には和室とリビングがあります。
和室の窓はさほど大きくないうえ東南角にあるので、本当は遮熱でいいのでしょうが、
冬の陽だまりに畳の上で昼寝した~いという欲望があり、遮熱はなしに。(追記:その後変更要望だしました。)

リビングの窓はワイド3200くらいで、真ん中がFIXで左右が開く両袖片引き窓です。
冬にここから暖かい日差しを取り入れられれば、リビング全体が気持ちよくポカポカを満喫できそう。
でも、夏は灼熱の熱波が・・・・

そこで、真ん中のFIX部分は遮熱Low-Eを止めて通常のペア硝子のままにしてもらい、左右の出入できる片引き部分のみ遮熱Low-eにしてもらいました。

冬はポカポカ日差しを真ん中から入れて、夏はこの真ん中部分だけオーニングかヨシズでも掛ける事にしましょう。

和室の窓の前には落葉樹かなんか植えて、夏は日陰になるように出来ればよいと思います。

遮熱にしなかった窓は、断熱LOW-eにすることも考えましたが、発注ギリギリでよく考えられず、また寒冷地でもないし、
そのうえ、構成を複雑にすると間違いが起こる可能性も多いみたいなので、LOW-E部分はすべて遮熱タイプで統一しました。
(追記:その後、変更要望だし、間に合えば通常のペアとしたところを「断熱」仕様にするかも・・。)

【追記】
上記を書いた後も、実はまだ南の窓のタイプを迷ってました(今も・・・)。

そして、ある方の掲示板の「冬の陽だまりは確かに暖かいけれど、昼間は暑いくらいでカーテンを閉め、夜になると急に冷え込んだりするので、暖房機器による暖房のほうが一日安定して暖かくてよい」との主旨の発言をみつけて、なるほどなぁ~と悩み始めてしまいました。

また、LOW-Eにすれば遮熱タイプでも断熱タイプでも断熱効果が上がるので、
冬の冷えが違うそうです。
それに遮熱にするとタタミに痛みも違うとか・・・の意見も見つけ・・。

でもでも、陽だまりが~~~~

そこで、
リビングの窓は、中央は「断熱タイプ」、両端は「遮熱タイプ」、たたみコーナーは「遮熱タイプ」に変更のお願いをメールで送ったところです。

間に合うかなぁ~?! ワンズの営業さん、たびたび変更してごめんなさい

ちなみに、ほかに参考になった情報は・・・
・北の窓でも2階は夏に結構日が当たる。
・Low-Eにしたけれど、エアコンが嫌いな奥様が窓を開けてしまうので、あまり意味がなかった
・どこか一部分だけLOW-Eにしても、しなかったところから冷気が流れ込んでくる。

等がありました。






スポンサーサイト

コメント

 

連続コメントすみませんw

>(うちも、できることならやってみたい)

間取り図面と屋根の構成さえ判れば、1時間もかからずできますよ♪
すごい簡単です。それこそブログ書くより簡単w

Re: 訪問履歴からこんにちは 

おきらく旦那様

来訪ありがとうございます。

おきらくサマのブログの考察、何度も読み返して参考にさせていただきました。
ビジュアルで日照時間に検証!すごいですね。
(うちも、できることならやってみたい)

調べているうちに、
おっしゃるとおり遮熱でも断熱でもLow-Eなら、同じじゃないかという気がしてきました。

でも、前回血迷って、ハウスメーカーに「遮熱をやめて普通のペア」と口走ってしまったので、
何とか間に合えば、LOW-Eに戻したいと思っています。
(値段おんなじなんです。うちのハウスメーカーの場合)

ではまた、そちらにも遊びに生かせて頂きます。


訪問履歴からこんにちは 

冬の断熱の恩恵は、10時~14時くらいの4時間。(11~2月の3ヶ月)
夏の遮熱の恩恵は、7時~19時くらいの12時間。(5~10月の5ヶ月)
・・・ということで、遮熱にしてみました。
考察:http://laserdiode.blog100.fc2.com/blog-entry-442.html

ちなみに、断熱だろうがやっぱり寒いので、結局は窓を小さくするのが一番の
断熱になるという結論を勝手に出しました(笑)。

ちなみに断熱タイプでも紫外線を半分くらいはカットします。
一長一短有るのでどっちでも良いと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tanosiiseikatummy.blog24.fc2.com/tb.php/141-5a105f9b

 | HOME | 
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。