プロフィール

はる

Author:はる
高齢出産で2児の母。物が溢れ手狭になってきた我が家。単に片付けが下手なだけという気もするが、気持ちは、そろそろ一戸建て・・・なのよね。

不動検索サイト等


土地検索の面積が10㎡単位で探しすい 




土地検索の面積が10㎡単位で探しすい
駅からの時間の絞込み項目無し






速報:地価とマンション価格の動向調査発表。「ノムコム」



↑エステート白馬は一物件に対して写真の量が他よりも全然多い。


売却一括査定サイト


おすすめ本
注文住宅を考え始めたら読む本

「いい家」が欲しい。 改訂4版
「外断熱+木造+二重通気工法=最高」と説く本。偏向の気味はあるが、素人にもわかりやすい。

「外断熱」が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)
「いい家」の反論本。「いい家」を読んだら、必ずセットで読まないと中立に判断できない。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
新居便利リンク

地デジアンテナ設置

月別アーカイブ
住宅設備用品

設備カタログまとめて請求できる

内・外建材

エクステリア他

床のワックス

照明

住まい関連

ブログ内検索
リンク
PR

RSSフィード

わが家は・・・・・建つの?

二人目が生まれ、専業主婦なのにちっとも片付かない我家。もっと広い一戸建てに住みた~い。建売or中古? やっぱり注文建築にあこがれる日々

--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10
01
(Thu)

デザイナーコラボ施工の2社の感想 

デザイナーとコラボの施工会社2社とかなりいい線までプランの打ち合わせを経験しました。
両方とも建築家を売りにしてますが、対応やシステムは若干異なりました。

【建築家の選定】
C社:ヒアリングシートに基づいて建築家を1名を紹介してくれる。申し込み前なら、納得がいかなければ建築家を変更してもらえる。
・建築家を決めるまでのヒアリングシートが充実している。
  ・建築家が決まり次第、建築家に直接ヒアリングをしてもらえる。
  ・プランに納得できるまでは無料で何回でも対応してもらえる。
・途中で建築家を変更するとそれまでの打ち合わせがタイムロスになる。
  (それに途中変更はなんだか申し訳ないような気になるし・・・・)
    
ワンズライフホーム:2~3名の建築家のコンペ
*ワンズライフホームのHPでは、営業の選定した2~3名の建築家の事例や資料から一人を施主が選び、その人にヒアリングしてもらう流れで紹介されてますが、
我が家の場合は(時間が無かった為かもしれませんが)、営業さんがヒアリングした内容を2名の建築家へ伝え、(伝言による)ヒアリングに基づいたプランの提案を2名の建築家から頂きました。提案は建築家自身から受けましたので、そこで建築家の人となりを感じることが出来ました。

テイストや特徴から自分で選べる。
ヒアリングが伝言なので、微妙にかゆいところに手が届かないプランの提示に終わったりします。
ただ、その提示はあくまで建築家のテイストと力量を判断する捨案と考えても良いと思います。
*我が家も最初は、この人を選んでしまったらこの提案(ちょっと斬新すぎな案だった)のままプランニングしなければいけないのかと思い躊躇しました。
また、選んだ後もそのファーストプランがイメージの縛りになりはしないかと危惧しましたが、
建築家選定の後、直接建築家にヒアリングをしてもらったらライフプランに合う全然違うプランを提示してもらえました。
最初の提示プランに魅かれるものの躊躇が会ったので、、直接建築家に希望を言ってプランを書き直してもらうことが、無料でどこまで出来るか?質問したろこと、あと1回か2回くらいならとの答えでした。
(我が家の場合、次の1回でかなり良い案が出来きた。)
【打ち合わせのイニシアティブ】
C社:進行は基本は営業さんってことになっているのかな?営業さんの「今日は○○を詰めていきます。」の発声で打ち合わせはスタートします。
始めれば設計上のやり取りは建築家と施主で詰めていきますが、
途中、途中、社長のアドバイスが入ります。
社長のこの発言、なかなか生活感があり、ユースフルアドバイスなんですが、
やはり社長の発言なので、どうしても重みがあります
仮に使い勝手が悪くてもこっちの方が良いかなぁ~と薄々思っても、気が弱いと流されてしまうかも。
社長は営業さんに「デザイン上のことは建築家に任せて出来るだけ口を出さないように」と指示されているそうですが、良い家を作りたい思いに勝てず、社長自身がついつい口を出してしまう感じです。
このシステムでは建築家の注文主は施主ではなく施工会社なので、建築家も強くは出にくいのかな・・・・?!、それに社長はちょっと押し出しの強いキャラなので・・・・。

ともあれ一応は、プランがある程度詰まるまでの打ち合わせは建築家と施主が主体です。
見積もりの提示は、我が家の場合、社長・営業さんのみで建築家は同席しませんでした。

当初の予想より、かなり予算オーバーで減額案が同時に提示されました。
建物の外観に関わる屋根周りの変更で、
営業と社長と社内設計士が相談した結果、
「ここを変更してもイメージを大きく損なわないと思い提案した。」とのこと。
確かに全然違う外観にはなりませんが、微妙にバランスが悪いような・・・。
他に方法がないなら、ここを変更しても良いけれど、
どうせ屋根周りをいじるのなら、陸屋根自体を辞めて屋根の形状をかえるとか他の選択肢もあるのでは・・・と思い、
「この変更について、建築家はなんていっているのですか?」と聞くと、
「建築家にはまだお話していません。」てことでした。
デザイン上の変更なので、せめて建築家から「この変更をしても全体のイメージは損ないません。」というお墨付きが欲しかった・・・・・

ワンズライフホーム
構造上、予算上のことは営業が主体、デザイン上のイニシアティブは建築家です。
たぶん建築家の資質にもよるのでしょうが、優秀な建築家は構造上や予算上のことも頭に入れながら打ち合わせを進めてくれます。
我が家の場合は予算が厳しく見積もり次第でこの話は打ち切りという状況だったので、
2回目の打ち合わせのプランで早々に詳細見積もりを作ってもらいました。
その結果、まあまあの金額が出たので、その後は専らに建築家主導で打ち合わせが進んでいます。

時々、営業さんに建築家が、使用する建材の価格やどっちの仕様が安いか等を質問し、答えを聞いて、設計に反映していく感じ。
営業さんは同席していてもほとんど気配を消しています
(他の打ち合わせが重なると同席していないことも。そのかわり、構造上や仕様上の見積もりの質問はメールで投げかけておくと、次回の打ち合わせまでに調べておいてくれます。)

上記のC社と違ったところは、見積もり提示の場に建築家が同席してくれたことです
この日ばかりは営業主体で、建築家からの積極的な発言はありませんでしたが、同席してもらえただけで結構心強いものです。
仕様の素材感や出来上がりの見栄がかり等について、質問すれば建築家の立場としてアドバイスいただけました。






スポンサーサイト

コメント

Re: おめでとうございます 

oni0324様
ありがとうございます。おかげさまで・・・。
O社の決算等の絡みもあって結果として金額的にギリギリ圏内、そしてデザインが大満足だったので決定しました。
ただ、健康住宅や自然素材にこだわったら納まらなかったと思います。

予算の関係で床・壁は集成材とクロスで、フォームライトも断念?となるかもしれませんが、全体の仕様はいい感じにまとまりそうです。
とりあえず、施主のこだわり部分に応じた仕様の強弱が自在にできるので、
わがままな我が家にはあってました。

oni0324様にとって、ベストな施工会社との出会いを応援しています。では

おめでとうございます 

ワンズライフさんにご決定された、ということでしょうか・・?そうであれば、まずは、おめでとうございます!TwoStyleさんはちょっと大幅に予算超え、ということだったのでしょうか。どうもワンズさんは高そうな印象があるのですが、そうでもなかったのですね!C社さんも私も悪くはないと思うのですが、確かにワンズさんに比べると無骨な印象がありますよね(笑)。また来させていただきます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tanosiiseikatummy.blog24.fc2.com/tb.php/125-5fc55ee0

 | HOME | 
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。