プロフィール

はる

Author:はる
高齢出産で2児の母。物が溢れ手狭になってきた我が家。単に片付けが下手なだけという気もするが、気持ちは、そろそろ一戸建て・・・なのよね。

不動検索サイト等


土地検索の面積が10㎡単位で探しすい 




土地検索の面積が10㎡単位で探しすい
駅からの時間の絞込み項目無し






速報:地価とマンション価格の動向調査発表。「ノムコム」



↑エステート白馬は一物件に対して写真の量が他よりも全然多い。


売却一括査定サイト


おすすめ本
注文住宅を考え始めたら読む本

「いい家」が欲しい。 改訂4版
「外断熱+木造+二重通気工法=最高」と説く本。偏向の気味はあるが、素人にもわかりやすい。

「外断熱」が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)
「いい家」の反論本。「いい家」を読んだら、必ずセットで読まないと中立に判断できない。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
新居便利リンク

地デジアンテナ設置

月別アーカイブ
住宅設備用品

設備カタログまとめて請求できる

内・外建材

エクステリア他

床のワックス

照明

住まい関連

ブログ内検索
リンク
PR

RSSフィード

わが家は・・・・・建つの?

二人目が生まれ、専業主婦なのにちっとも片付かない我家。もっと広い一戸建てに住みた~い。建売or中古? やっぱり注文建築にあこがれる日々

--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09
30
(Wed)

優秀な建築家なら我慢は不要 

ワンズライフホームに申し込むまでに、
建築家5名、建築士資格者で施工会社の窓口兼ねる2名と設計の打ち合わせをしました。
 希望を聞いて図面を起こしているので、どの図面も7~8割方OKというプランなんですが、微妙に、修正を欲するような感じ・・・・

初見の印象は、「悪くないね。」「後ここを○○できれば、いいかもしれない。」
 ・・・・で、いろいろ希望を言います。
その中には、相反する希望が多い・・・というか、ほとんど「こちらを採ればこちらは採れない」な希望ばっかりすると、即座に「それは無理です。」とか
眉間に皺を寄せて「次までに考えてきます。」とかになり、

修正されてきた図面を見ても、
「うぅむ・・・・・。そういう意図では・・・・・。それにそれだと○○になっちゃいますよね。」だったり、こちらの言うとおりには修正されるが全体ではぐちゃぐちゃな感じになってきたりします。
(嫌な顔をせずに、修正に付き合ってくださるのはありがたいのですが・・・)

そんな中で優秀な建築家の図面は格が違いました。
ツースタイルの珍田さんと佐久間設計事務所の佐久間さん。

優秀な建築家の図面はファーストプランで希望の9割がた実現しています。それも超~美しく
「・・・・?」と思うところも、説明を聞くと、計算しつくされた配置で感心してしまったり、
「これだと収納が少し少ないかも」とか「デスクと本棚とが並ぶと奥行きが違いますよね。」とか疑問を問うても、
「その場合はここを塞いで収納にすることもできますよ。」とか
「デスクと本棚の前面は、斜めにしたり、曲線に処理したりすることも出来ますよ。」とか・・・・、すぐに案が出てきます。それも一案だけでなく、頭の中にいくつも引き出しがある感じで、感心してしまいます。

ちなみに目の前で図面を描いてくれたのは、7人中3名。
その場で修正図面を描いてもらえるのともらえないのだと、時間のロスが全然違います。

さて、前振りが長くなりましたが、
佐久間さんの図面は最初の提示段階で、いままで他社と打合せを積み重ねた経験から考えると、一番理想に近い図面だったので、即座に基本OKを出したのですが、2回打ち合わせをした段階で、この人なら他社の打ち合わせで「優先順位をつけてくださいと」あきらめてきたような希望も何とかしてくれるかも(手品師ではないのですが・・・)、と駄目もとで無理難題に近い要望をしてみました。

難問に対し、その場でプランの端緒だけでもと佐久間さんも悪戦苦闘
夫のアホな思いつきも、発想のヒントになるらしく、遠慮せずに「コミュニュケーションに参加してくださいと言ってくださり、素人の部分的な思いつきを拾って、全体を構成していきます。

(部分的な家人のアイデアはこうなら暮らし良いという破片だから、それが集っていれば、暮らし良いがたくさん詰まった家になりますよね。)

結局その日には、これだというプランは見えてこず、
「宿題として考えてきます。」ということになったのですが、
その顔には、アルセーヌ・ルパンが難攻不落の金庫に挑戦するようなワクワクした目が輝いていました。

次の打ち合わせで「今回は久々に良問をいただきました。」と5案くらい提示。
「難問」を「良問」とさらりと言ってのけるなんて・・・・

もともと素敵なプランですが、描き直してもらう度ににドンドン良くなっていきます。
そうなると、こちらの要求もドンドンバーが高くなってきます。
優秀な建築家ゆえの因果?でしょうか

「窓」のプランでも、
家の中からの機能重視派の私VS外観の窓配置の美しさ重視の夫で、どっちを優先するかもめていたら、佐久間さんが「両立したプランを考えていきましょう」といってくれました。

それと佐久間さんは、プラン打ち合わせの進行も上手です。
さりげなくイニシアティブをとり、着工までのスケジュールを頭に入れて進行してくれます。
出来ること出来ないこと、重要なこと等のプレゼンテーションも上手です。

施工会社が中々決まらず、銀行からは嫌味を言われたりしましたが、
あきらめずに探し続けた甲斐があり、良い方と巡り合えました。

もちろん、佐久間さんでも「それはちょっと厳しいです。」とおっしゃることはあります。
でも、言うまでにすごく前向きに検討してくれます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tanosiiseikatummy.blog24.fc2.com/tb.php/123-1b2b2112

 | HOME | 
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。