プロフィール

はる

Author:はる
高齢出産で2児の母。物が溢れ手狭になってきた我が家。単に片付けが下手なだけという気もするが、気持ちは、そろそろ一戸建て・・・なのよね。

不動検索サイト等


土地検索の面積が10㎡単位で探しすい 




土地検索の面積が10㎡単位で探しすい
駅からの時間の絞込み項目無し






速報:地価とマンション価格の動向調査発表。「ノムコム」



↑エステート白馬は一物件に対して写真の量が他よりも全然多い。


売却一括査定サイト


おすすめ本
注文住宅を考え始めたら読む本

「いい家」が欲しい。 改訂4版
「外断熱+木造+二重通気工法=最高」と説く本。偏向の気味はあるが、素人にもわかりやすい。

「外断熱」が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)
「いい家」の反論本。「いい家」を読んだら、必ずセットで読まないと中立に判断できない。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
新居便利リンク

地デジアンテナ設置

月別アーカイブ
住宅設備用品

設備カタログまとめて請求できる

内・外建材

エクステリア他

床のワックス

照明

住まい関連

ブログ内検索
リンク
PR

RSSフィード

わが家は・・・・・建つの?

二人目が生まれ、専業主婦なのにちっとも片付かない我家。もっと広い一戸建てに住みた~い。建売or中古? やっぱり注文建築にあこがれる日々

--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07
27
(Mon)

完成見学会を見てから決めるべし 

評判は良いけれど展示場を持たない小さな工務店を何件か訪ね、
建築家が設計をしてくれるという付加価値ある2社が最終の候補になりました。

HPの施工例やオフィスの感じでは、T社の方が断然おしゃれな感じでしたが、概算で諸経費込みで2100万は見て欲しいといわれ、C社は諸経費込みで1900万でなんとか納めてくれるとのことで、予算の関係上C社にしました。

T社は自体が工務店というよりも設計事務所に近い形態、C社は外部の設計事務所への外注ですが、どちらも設計は建築家が行うのでC社にもおしゃれな仕上がりを期待しています。

小さな会社なので、完成見学会がそう頻繁にあるわけでなく、結局、完成見学会をみる機会がないまま、ほぼこの会社に的な雰囲気で打ち合わせが進んで、そろそろ契約という流れで完成見学会が開催されました。

完成見学会をみて心配になったのは、建材や部材が安っぽくならなければいいけれど・・・ということです。(見学会の物件は2000万の物件でしたので、我が家の方がもっと安い部材になる予定です。お金が無いのでしょうがないのですが・・・・)

前回の見学会のときも感じたのですが、、建築家が建てた!という割りに全然おしゃれじゃありません。
ローコストのマイナス面をデザイナーのセンスでカバーしてくれるのを期待したのですが、そんな感じはまったくありません。
(何か突出したすごいところ(アイデアやデザイン、センス)があるわけでない分、バランスが取れた生活やしやすい建物かもしれません。)

T社にしたほうが良かったのではと頭をよぎりました。
どちらの社長も「うちは相当安く仕入れられる」と言っていました。

また、C社の社長はうちの設備は相当良いですともいってました。
でも、例えば標準のキッチンのはパナソニックのSクラスだから、グレードとしては中どころ何じゃないかと思います。
(完全注文住宅なので、予算次第で設備はグレードアップはできます。社長が言いたいのはコスパが良いということだと思います。)

どちらの会社の方がコストパフォーマンスがあるかの比較は、我々施主に難しいのはもちろんですが、当の社長本人たちだって、業界内でお互いにそんな情報開示はしないだろうし、
他社に比べて相当安いって自信の裏づけはどこからくるんでしょう?

それと今日わかったこと、
「安く仕入れられる」といっても、所詮、問屋との取引条件でのことなので、その問屋とメーカーの力関係によってしまうということ。

ネットの情報で、キッチン・バス・洗面所をパナソニックで統一すると仕入れ値が安くなるという情報があり、C社に投げかけてみたところ、それは問屋さんに聞いてみないとわからないといってました。

おいおい、本当に他社よりも相当安く仕入れられるの?!







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tanosiiseikatummy.blog24.fc2.com/tb.php/109-f960be21

 | HOME | 
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。