プロフィール

はる

Author:はる
高齢出産で2児の母。物が溢れ手狭になってきた我が家。単に片付けが下手なだけという気もするが、気持ちは、そろそろ一戸建て・・・なのよね。

不動検索サイト等


土地検索の面積が10㎡単位で探しすい 




土地検索の面積が10㎡単位で探しすい
駅からの時間の絞込み項目無し






速報:地価とマンション価格の動向調査発表。「ノムコム」



↑エステート白馬は一物件に対して写真の量が他よりも全然多い。


売却一括査定サイト


おすすめ本
注文住宅を考え始めたら読む本

「いい家」が欲しい。 改訂4版
「外断熱+木造+二重通気工法=最高」と説く本。偏向の気味はあるが、素人にもわかりやすい。

「外断熱」が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)
「いい家」の反論本。「いい家」を読んだら、必ずセットで読まないと中立に判断できない。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
新居便利リンク

地デジアンテナ設置

月別アーカイブ
住宅設備用品

設備カタログまとめて請求できる

内・外建材

エクステリア他

床のワックス

照明

住まい関連

ブログ内検索
リンク
PR

RSSフィード

わが家は・・・・・建つの?

二人目が生まれ、専業主婦なのにちっとも片付かない我家。もっと広い一戸建てに住みた~い。建売or中古? やっぱり注文建築にあこがれる日々

--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07
04
(Sat)

細かいことはあとで? 

建築家との2回目の打ち合わせを急遽初回の4日後に設定してもらいました。

一回目に初めて提案を見たときは、とてもゾーニングがまとまっていて良いと思ったのですが、
家に帰って、テーブルやTVやパソコンの配置を具体的に考えてみると、
どうもしっくりこない

それと収納も東西の壁をフルに壁面収納にすれば収まるけれど、
両面の壁が全部壁面収納で良いのか?
(窓は収納の合間に入るそうですが、イメージできない

一回目の打ち合わせ終了時に、「設計の考え方はこれでいいですか?」と聞かれ、
「はい!いいです。」といってしまったので、
社長が「それではすぐに見積もりを出します。」建築家が「3日以内に見積もり用の図面を起こします。」といっていたこともあり、

変更するなら、見積もりを取る前の方が工務店さんにも手間をかけなくて良いだろうと、
すぐに電話して、初回から4日後の打ち合わせになったわけです。

その中で、「PCコーナー・リビングの奥行き間・収納」を見直す話をしたのですが、
どこに収納を持ってくるかでもめてしまいました。

理想としては、玄関の側にシューインクローゼット+ウォーインクローゼットをかねる2畳程度の収納部屋が設けるのがいちばんなのですが、北側に設置するにはトイレをどこに移動させるかが問題になります。

そこで打ち合わせの中で、建築家がリビングの東南を提案してきたのですが、
夫が「収納に東南なんてもったいない!」って熱く語りだしてしまったのです。

私としては、「どこでもいいから収納部屋があれば良いなぁ・・・」と言う気持ちと「でも、収納を部屋として取るとやっぱり面積を取るから、壁面収納で我慢するしかないかなぁ~」という気持ちが半々だったので、黙って聞いていました。

夫は、熱く語りだしたのに、誰も同意も反対もせず沈黙状態・・・だったので、話を納める場がなくなってしまって、かなりしつこくその話をしてました。

もっとも、その前に社長に「細かい話は、全体のゾーニングを決めてからにしましょう。スペースさえとってしまえば、あとはなんとかなるんです。」みたいな話をされ、

・リビングの中にどうPCコーナーを納めるか?
(我が家の場合、PCコーナーはかなりの資料やテーブルのスペースを希望としている)
・どういう使い勝手の収納にするか?
・玄関やキッチンをどこまでギリギリ削って、リビングや収納に振り分けるか?
等30坪あるけれど中身は狭小住宅並みの細かいサイズの見直しと工夫を求めているので、

「細かいことは後で」といわれたことに、ちょっとカチンときて熱くなってしまったようです。

確かに、まず全体のゾーニングを決めるのが設計のセオリーらしいです。

でも、素人には一つ一つのゾーニングでの暮らし方を見直していくことで、
キッチンはここまではいらないとか、リビングの使い方を考えるとこの配置ではとか、
部分部分の暮らし方の積み上げ出ないと中々イメージがわきません。

いい日すまいの設計舎さんのブログの
「家事動線のいいキッチンレイアウト」の記事で

間取りを考えるとき、参考書だと、まず「ゾーニング」といって、
大まかな間取りの配置を決めていくように指示されますが、、、
もっと平たく云ったら、こうしたら使いやすいなー、、といった
暮らしやすさから考えられる「細部」をつくり込んでみて
全体に落としこむアプローチも「有」だと思うのです。
〈中略〉
細部は考えられるけど、全体がまとまらないって声もありそうですが、、
うまくつながらなくても、、大丈夫!!
設計士さんに相談してみたら、きっと上手に動線を繋げてくれるはずですよ!

というコメントをみて、まさに我が意を得たり

細部を汲み取って全体をまとめてくれることを、建築家には期待したいです。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tanosiiseikatummy.blog24.fc2.com/tb.php/107-a5ba60d7

 | HOME | 
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。