プロフィール

はる

Author:はる
高齢出産で2児の母。物が溢れ手狭になってきた我が家。単に片付けが下手なだけという気もするが、気持ちは、そろそろ一戸建て・・・なのよね。

不動検索サイト等


土地検索の面積が10㎡単位で探しすい 




土地検索の面積が10㎡単位で探しすい
駅からの時間の絞込み項目無し






速報:地価とマンション価格の動向調査発表。「ノムコム」



↑エステート白馬は一物件に対して写真の量が他よりも全然多い。


売却一括査定サイト


おすすめ本
注文住宅を考え始めたら読む本

「いい家」が欲しい。 改訂4版
「外断熱+木造+二重通気工法=最高」と説く本。偏向の気味はあるが、素人にもわかりやすい。

「外断熱」が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)
「いい家」の反論本。「いい家」を読んだら、必ずセットで読まないと中立に判断できない。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
新居便利リンク

地デジアンテナ設置

月別アーカイブ
住宅設備用品

設備カタログまとめて請求できる

内・外建材

エクステリア他

床のワックス

照明

住まい関連

ブログ内検索
リンク
PR

RSSフィード

わが家は・・・・・建つの?

二人目が生まれ、専業主婦なのにちっとも片付かない我家。もっと広い一戸建てに住みた~い。建売or中古? やっぱり注文建築にあこがれる日々

--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07
02
(Thu)

断熱でうっかり 

一番最初に断熱にこだわって工務店探しを始めたのに、
工法(外断熱・内断熱)や断熱材の種類にばかり気をとられていて、
各工務店の標準が、「新省エネ基準」なのか「次世代省エネ基準」なのかを把握していませんでした。

というのも200年住宅(先導モデル)で補助金をもらって建てれば、「次世代省エネ基準」となり、補助金の分が建築費に上乗せになれば、コスト的にも楽になるかと当てにしていたからです。

各社大差が無いのなら、200年住宅の認定を受けられる工務店さんで建てようという心積もりもあったせいで、他の工務店の次世代省エネ対応かどうかのチェックがルーズになってしまったのです。

ところが、プランが煮詰まってくると200年住宅先導モデルの雲行きが怪しくなってきました。
いろいろ制約があり、先導モデル仕様するのに、補助金分くらいはコストUPになり、他のところへ振り分けるお釣りは来ないみたいです。
建てる上での制約は・・・
①構造上の壁の厚さ、大きさの制約→希望している大窓(2.5M+2.5M=5.0M)を取れないかもしれない
②申請が10月中くらいなので引渡しは2月末くらいになってしまう。

ちなみに、エスバイエルさんは6月の段階で「当社は標準仕様で先導モデルの仕様がかなりカバーできるので、補助金200万もらえれば、40万くらい浮いてくる」様なことを言ってました。
(金額については、うろ覚え??)

他に、岡庭建設さんも「標準仕様がすでに先導モデルのレベルなので、補助金が出る分、通常で建てるよりも数十万円安く建てられる」的なお話を(3月くらいに)してました。

クレアホームさんの場合、先導モデルにしないと断熱材の厚さは「新省エネ基準」「窓はペアガラスではあるけれどLOW-Eペアガラス」ではなくなってしまいます。

東京地方の場合、新省エネ基準で問題ないとは、各工務店さん口をそろえて言いわしますけれど、
マンションから一戸建てに引っ越すと、すごく寒く感じるそうですし・・・・。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tanosiiseikatummy.blog24.fc2.com/tb.php/106-ba54a8f0

 | HOME | 
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。