プロフィール

はる

Author:はる
高齢出産で2児の母。物が溢れ手狭になってきた我が家。単に片付けが下手なだけという気もするが、気持ちは、そろそろ一戸建て・・・なのよね。

不動検索サイト等


土地検索の面積が10㎡単位で探しすい 




土地検索の面積が10㎡単位で探しすい
駅からの時間の絞込み項目無し






速報:地価とマンション価格の動向調査発表。「ノムコム」



↑エステート白馬は一物件に対して写真の量が他よりも全然多い。


売却一括査定サイト


おすすめ本
注文住宅を考え始めたら読む本

「いい家」が欲しい。 改訂4版
「外断熱+木造+二重通気工法=最高」と説く本。偏向の気味はあるが、素人にもわかりやすい。

「外断熱」が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)
「いい家」の反論本。「いい家」を読んだら、必ずセットで読まないと中立に判断できない。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
新居便利リンク

地デジアンテナ設置

月別アーカイブ
住宅設備用品

設備カタログまとめて請求できる

内・外建材

エクステリア他

床のワックス

照明

住まい関連

ブログ内検索
リンク
PR

RSSフィード

わが家は・・・・・建つの?

二人目が生まれ、専業主婦なのにちっとも片付かない我家。もっと広い一戸建てに住みた~い。建売or中古? やっぱり注文建築にあこがれる日々

--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01
22
(Sat)

 確定申告 

税金の還付でちょっとへましちゃいました。

我が家は買い替えなのd、居住用財産の譲渡損失があり、税金が戻ってくるはずです。

新しい家の住宅ローンもあるので、住宅ローン控除も適用になるはずです。

で、平成21年は住宅ローン控除を申告し、平成22年度分の今年の申告は譲渡損失の方で税金の還付をしてもらおうとおもっています。

でもでも・・・・

売却物件の方は契約日は平成21年、引渡し日が平成22年、
購入物件は引渡しが平成21年末で住宅ローンの1回目の支払いが平成22年からだったので、

もしかしたが、
平成21年度の確定申告で譲渡損失の還付を申告し、
住宅ローン控除は平成22年度から申告したほうが、1年分住宅ローン控除を長く受けられたかもしれません。

ちょっと、税金のことは難しくって良くわからないのですが、
銀行の人が住宅ローン控除は平成21年からでも平成22年からでもスタートから10年間受けられるって行ってました。

借り入れが年内でも、返済が始まった年からにできる?みたいです。

譲渡損失の申告も、契約日でも引き渡し日でもOKらしいです。

年末引渡しの方は、よく研究したほうがいいかも・・・
スポンサーサイト
2011.01
22
(Sat)
床の上に直接布団を強いて寝ると、湿気でフローリングが痛んだり、絨毯がかびたりします。

我が家では布団の下にスノコを敷いていたのですが、
そのスノコにもカビが!!

そこで、スノコと布団の間に除湿シートをしくことにしました。

購入したのは西川のドライウェルⅡでモイスファインという繊維を使っている物です。

除湿シートはシリカゲルやポリエステル素材の安価な物もありますが、
このサイトによると吸湿力ではモイスファインやベルオアシス(ピュアオアシス)の方が数段上のようです。

吸湿力:  ベルオアシス>モイストファイン>シリカゲル

みたいなのですが、値段もその準によいようで、

① 取りあえず寝たきりでもないので週に1回くらいは布団を日光に干せるし
② こちらの商品は丸洗可だった。(半年くらい経つが、まだ洗ったことはないけれど)

だったので、ドライウェルⅡを購入しました。
(東京西川のファリーセールの処分品で買ったので、今は販売していないのかもしれません。)

買ってよかったのは、湿気により色が変化するセンサーがついていること!

ちょっとやばそうだなぁと言う日は、センサーの色を見て、
布団は干せなくっても、除湿シートだけでも干すようにしています。

目安になってよいです

夏は寝汗でカビも危険もありますが、
冬も床の温度と布団の温度差で布団下側に結露のよるカビが生える危険もあるらしいので、油断禁物です。


 レビューを書いてポイント10倍2/1(火)9:59まで10P_0119【送料無料】約6.300ccの圧倒的な吸...







2011.01
19
(Wed)

窓の結露 

うちの窓はエイピアJといいLow-Eペアガラスアルミ複層障子です。

一般のガラスやサッシよりは結露しにくいらしいけど、この時期毎日結露してます

特にサッシ部分はビチョビチョなことも多く、拭いた雑巾が絞れそうな日も
その割に、ガラス部分はよっぽど寒い日以外は濡れてないのでペアガラスの効果かなぁ~と思います。

サッシも樹脂にすればもっと結露しないのでしょうが、お値段も高いし・・・

結露もすぐにふき取り部屋の換気をするなら、部屋の中の湿気を除去することができ、
結露が無いと油断して部屋をジメジメのまま締め切ってしまうよりも、部屋の湿気のバロメーターと考えた方が良いと聞いたこともあります。

確かに、前住んでいた家では、
朝、結露でビチョビチョのまま放置し、締め切ったまま、共稼ぎで出勤していたら、
窓ガラス自体(正確にはガラスにこびりついた埃)に黒カビが生えてしまったという失敗をしました。

なので、今は朝起きると、まず結露をふき取って、窓を開けて換気をしていますが、
窓を開けておくのが寒~くなってきた今日この頃
いつまでがんばれるでしょう・・・

ちなみに、2階の寝室はダイアトーマスという調湿効果を謡っている塗り壁で、
実際の調湿効果はどうかというと・・・・?・・・・・・・・・微妙

というのは、昨年1月中旬に引っ越して、2~3週間は全く結露しなかったんです!!!

さっすがダイアトーマスぅ・・・

ところが、その年は珍しく冬なのに2週間くらい雨がちの日が続き、ほとんど換気できず、
布団はじっとりしてくるし、しまいにはマットレスにカビも散見してきて、
やばいって思っってたら、

ある朝、溢れ出したような量の結露が窓とサッシにびっちょり
さすがにダイアトーマスも飽和状態になったのでしょうか!?

それ以後、天気が回復し、窓を全開にして換気をしましたが、以前のような(ダイアトーマス効果?)結露がほとんど見られない状態は、影を潜め、寒い日は、普通に毎回、窓が結露するようになりました。

なので、ダイアトーマスの調湿効果は最初だけ・・・・かなぁ・・・・?

 | HOME | 
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。