プロフィール

はる

Author:はる
高齢出産で2児の母。物が溢れ手狭になってきた我が家。単に片付けが下手なだけという気もするが、気持ちは、そろそろ一戸建て・・・なのよね。

不動検索サイト等


土地検索の面積が10㎡単位で探しすい 




土地検索の面積が10㎡単位で探しすい
駅からの時間の絞込み項目無し






速報:地価とマンション価格の動向調査発表。「ノムコム」



↑エステート白馬は一物件に対して写真の量が他よりも全然多い。


売却一括査定サイト


おすすめ本
注文住宅を考え始めたら読む本

「いい家」が欲しい。 改訂4版
「外断熱+木造+二重通気工法=最高」と説く本。偏向の気味はあるが、素人にもわかりやすい。

「外断熱」が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)
「いい家」の反論本。「いい家」を読んだら、必ずセットで読まないと中立に判断できない。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
新居便利リンク

地デジアンテナ設置

月別アーカイブ
住宅設備用品

設備カタログまとめて請求できる

内・外建材

エクステリア他

床のワックス

照明

住まい関連

ブログ内検索
リンク
PR

RSSフィード

わが家は・・・・・建つの?

二人目が生まれ、専業主婦なのにちっとも片付かない我家。もっと広い一戸建てに住みた~い。建売or中古? やっぱり注文建築にあこがれる日々

--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05
30
(Sat)

ダイアトーマス 

クレアホームさんの売りの一つであるダイアトーマス

塗装の小さいサンプルは見たことがあったけれど、実際に壁一面に塗られているダイアトーマスをクレアホームの完成見学会で始めて見ました。

小さなサンプルを見ただけでは、少し和調な感じに思え、懸念してました。
話では、コテムラに塗ると洋風になるとは聞いていましたが、実際に見てみると、思った以上に良かったです。クロスなんかに比べると、本物!の質感

我が家は、無垢の木材とか珪藻土とかにはこだわりがなく、
子供が汚してもいいように、集成材やビニールクロスでも良いやと思っていましたが、
ダイアトーマスはとっても素敵だったので、予想以上に惹かれました。

社長は、「見た目よりも、機能がすごいんです!」と惚れ込んでらっしゃいました。
スポンサーサイト
2009.05
30
(Sat)
今日は、クレアホームさんの完成見学会に行ってきました。
設計は、今プランの提案をお願いしている小宮歩先生です。

印象としては、殊更「建築家の建てた家」という感じではなく、特に外観は“普通”でした。

突飛な造形物でも困りますが、せっかく建築家に頼むのだからスタイィッシュな家を期待してもいます・・・・
かっこはいいけれど、住みやすさを軽視されても、もちろん困んですが・・・・。

建築家の施工例から、その建築家のセンス(美的&実用)を汲み取ろうにも、完全注文住宅なので、施主の好みもあるし、予算の制約もある。

施主の好みを無視して、自分の美的意識だけを優先する建築家でも困るし、
施主の意見を聞きすぎて、なんとなく統一感が失われても困るし・・・・。

こちらとしても、予算も時間も制約があるしで、難しいです。

本当のその建築家のセンスがわかるのは、結局、建築家の自宅とか見ないとわからないってことでしょうかね~?!
2009.05
28
(Thu)

クレアホームとの出会い 

クレアホームさんとの出会いは偶然でした。

ある会社の建売を見に行った際、すぐ近くでクレアホームさんが構造見学会を開催していました。
2社の案内看板「現地は→」が交錯し、建売の現地に行くはずが、間違ってクレアホームさんの構造見学会についてしまいました。
案内にしたがって駐車してしまった流れで見学していったのが、出会いです。

当時は建売で探していたので、構造見学なんて初めて!&全然興味がなかった。
さっと 見ただけで退出したのですが、
年配の営業マン(今思えば社長その人)が、ダイアトーマスとフォームライトSLの実演をして見せてくれたのは印象に残りました。
また、分厚い土地情報の冊子がおいてあったので、もらって帰りました。

その後も半年以上は建売で探していたため、まったく接触はありませんでした。
途中、建売から注文住宅へ方向転換し、土地から購入しなくてはならなくなり、その時の土地情報の冊子を引っ張り出しました。
売り地の情報は、半年以上前の情報になりますが、坪単等も載っており参考になったからです。

そこに、「当社はレインズに登録しているため、業者のみに公開されている情報も提供できるので、土地探しから考えている場合もご相談ください」と書いてありました。
*不動産関係の業者はみんなレインズには登録していますが、当時はそんなことも知らなかった。

興味を持ってHPを見てみました。
「あれ? クレアホームってレンガ張りが売りの会社と違うんだぁ~?!」

それまで、私はクレバリーホームと名前で混同していたんです。
その頃は、南欧風やクレバリーホームが得意なレンガ張りの英国風にあこがれていたので、ちょっとがっかりしましたが、HPを読んでみると、なかなか良さそうな会社です。

早速、HPから土地探しを依頼しました。

2009.05
27
(Wed)
クレアホームさんの建築家紹介システムは、ワンズライフさんと違って、コンペ形式ではありません。

12ページに及ぶヒアリングブックと聞き取りにより、コーディネーターが、テイストや要望からマッチングする建築家をセレクトし、面談を整える形式です。

面談の上、合わなければ建築家を変えることも出来ますが、いっぺんに二人と同時進行できるコンペ形式に比べると、タイムロスにはなります。

本日、初めて紹介を受けたのは、TVのビフォーアフターでも活躍されたtau設計工房の若先生です。

ビジュアル的には普通の方でした。4歳のお子さんが居られるそうです。
「開放的な、実際よりも広く感じる家にして欲しい」「片付けやすい収納の家」「テイスト的にはナチュラルモダンかシンプルモダン」という我が家の要望と子育て中という状況が一緒だということで、この先生とのセッティングになったようです。

ご本人も、そういった要望の家は「得意です」とおしゃってました。
提案が楽しみです。



2009.05
24
(Sun)
ワンズライフホームさんは、コーディネーターさんに伝えた内容をワンズライフさんが選んだ複数の建築家へ伝えてもらい、それぞれの建築家からの提案をコンペ方式で選ぶという流れでした。

本来は、コーディネーターへのヒアリング後→紹介された建築家と面談し、さらに詳細なヒアリング→提案という流れらしいのですが、今回は提案前の建築家との面談は省略になりました。

同じ情報から提案された二人の建築家のプランはまったく対照的なものでした。

同じ日に、1時間ずつプレゼンがあったのですが、
最初の佐久間先生の提案は、私たち素人が思っても見なかった「中庭」のあるプランで超~かっこいいものでした。
「やっぱり、建築家の家は発想が違う!!」と度肝を抜かれました。
先生自身のビジュアルも、少女マンガのキャラ系
提案された建物もとってもスタイリッシュで、美意識の高さを感じました。

いくつか、こちらの要望よりも建築家の提案が優先されているところもありましたが、
なるほど提案の方が良いと思える部分もありましたし、それでもやはり調整して何とか取り入れてもらわなければ、という部分もありました。
しかし、とっても腰の低いソフトな感じの方だったので、そういった打ち合わせもしやすそうです。

二人目の先生は、ビジュアルも地味目で、プランも「中庭プラン」に比べれば、地味な感じでした。
しかし、話を聞いているうちに、こちらの要望はすべて漏らさず、取り入れたプランになっていることがわかりました。
私たちは、最初の佐久間先生の「中庭プラン」に心を奪われてしまって、二人目の先生のプレゼンが最初、少し上の空になっていたことに反省しました。

他社にも提案をお願いしているため、ワンズライフさんには少し時間を頂いて検討することにしました。






2009.05
19
(Tue)
注文住宅って・・・・、諸費用コミコミで○○です!と言われても、
最終的には1割2割オーバーするって言われているじゃありませんか。

なんといっても初めての経験なので、いったいどんな費目で後から飛び出してくるか皆目見当がつきません。

メーカーさんもうそをついているわけではなくても、
自分の会社が請け負う部分だけの話をしているところもあれば(たぶん大多数がこのパターン?)
自分のところの工事以外にも、登記費用やカーテンや引越し代もおおよそ見積もって、総予算から引き算で自社の請負工事の枠を考えてくれる会社等いろいろパターンがあります。

請負工事だけでコミコミの話をしても、概算はグルニエは4坪まで、吹き抜けは○㎡まで、出隅は○迄等の縛りがあり、それを超えると費用も膨らみます。

一体最終的にいくらかかるのと思うと、頭を抱えたくなり、怖くなります。

そんな時、クレアホームさんの営業さんに、「大丈夫です。予算をみんな(建築家・施工業者・施主)で把握して、みんなの責任で納めますから。わけもわからず膨らんでいくことは、ありませんから」
といわれて、ちょっとほっとしてしまいました。

もっとも、見積もりで予算オーバーのときは、相談の上、何かを削るってことで、たぶんどこも基本、対応は同じなんでしょうが・・・・

といっても、ハウスメーカーがマンション売却の仲介手数料等の諸費用までも、念頭においてくれることは無いので、
無責任に予算を丸投げお任せにして、大丈夫ってことは無いので、あくまで自己責任です。


*例えば桧屋建設だと工事請負費=(本体+仮設工事+付帯工事+建築申請等)のみで外構は入っていなかったり、
某工務店は、外構は入っているけれど、付帯工事のうちガス・給排水工事の引き込みは別途(土地によっては必要が無い場合があるので)計上になっていたり。

アバウト30坪でコミコミでいくらくらいですか?の回答も、コミコミの中身が違うので、一概に比較が出来ず、とっても難しいです。






2009.05
19
(Tue)

建築家は不利な条件ほど燃える 

夫がとてもとても気に入ってしまい、とある東南角地を予算オーバーで無理して購入してしまいました。
横長の長方形の整形地です。

前は4m道路ですから、敷地境界から2m程セットバックすれば日当たりは確保できます。

工務店さんも2件ほど検討しましたが、こちらの言ったとおりの図面は書いてくれますが、
+アルファの提案がありません。

そこで、安く建築家に設計をしてもらえる仕組みを導入しているハウスメーカーに相談に行き、
提案をしてもらうことにしました。
クレアホームone's life homeさん。他にベルクハウスさんとかが建築家とコラボするシステムのハウスメーカーです。
いわく「建築家は不利な条件の土地ほど燃えるんです。」
例えば、都心の南側の家が迫っている土地でも、
吹き抜けやトップライト(天井からの採光)、凹型に建物を配置する等、いくらでもやり方があるらしく、
その不利な部分を克服するアイデアを出す過程で、建物の特徴やテーマを考え付くらしいです。

う~ん、だったら南接道の角地にこだわって、高額な土地購入費を払う必要がなかったのかしら?????

でも、その角地の特長を生かして、建築家のお手並み拝見と行きましょう!
2009.05
10
(Sun)

デザイナーに設計を頼む 

建築家に設計を頼むと10%の設計費がかかるとか良く効きます。

ある建築家に問い合わせをすると
基本設計のみだと50万設計管理まですると、1㎡18000円とのことでした。

素人ですので正確ではないかもしれませんが、
設計のレベルは、
基本設計→詳細設計→実施設計→設計管理とあり、

基本設計:間取り、外観プラン
詳細設計:素材の指定
実施設計:その素材で作った場合どういう調整が必要か、施工レベルの設計まで・・・・みたいです。

ワンズライフホームやクレアホームさんは、詳細設計まで建築家に依頼する形式みたいです。

ですので、
直接建築家へ依頼→建築家が工務店を選定し、設計管理までする場合の建築家への設計料よりは、かなり安く建築家に設計をしてもらった家を建てることが出来るシステムです。



2009.05
02
(Sat)
注文住宅は諸経費がかかるって聞いていたけれど、本当!っにかかります。

マンションを売却して土地から購入して建てるので、
仲介手数料だけでも「売却分」「土地購入分」が必要だし、
登記費用も「土地」と「建物」でかかるみたいだし。

一体全部でいくらかかるのか、霧の中って感じです。

「諸経費コミコミの価格です。」って、ハウスメーカーに提示されても、そのコミコミで本当に全部おしまいなの?
いくらなんでも、その中にはマンション売却のほうの諸経費は含んでないだろうし・・・・。

土地を買うときは、予算オーバーだけどこれくらいならちょっと背伸びしてがんばれば・・・・
なんて思ったけれど、後から、後から、
素人が思っても見ない費用が、ピョコンと飛び出してきます。恐怖のびっくり箱状態。

一体、終わりには我が家の財政はどうなっているんだろうか?
2009.05
01
(Fri)
ハウスメーカーでお金の流れを教えてもらい、着工金・中間金がかかるのを初めて知る。

住宅ローン実行前に、かなりの現金がいることを知り愕然とする。

【つなぎ融資】とやらを我が家も利用することになるんだろうか?とビビッていたら、
工務店によっては、着工金・中間金無しで、最初に若干の契約金を払うだけで、残金は建物の引渡し時=住宅ローン実行時で良いらしい。

どうやら、銀行の融資の支払いを、ローンを組んだ人間ではなく、メーカーに直接支払う代理受領という手続きができるらしい。(メーカーの承諾必要)

メーカーとしたら、銀行から直接支払われるので取りぱぐれが無いというメリットがあるものの、
建物を引き渡しまで、建築費をすべて立て替えなければならないというデメリットがあるみたい。

ただ、建てる方としたら、
着工金・中間金を支払って、建ててもらっている途中で倒産とかになったら困るし、
自己資金も圧縮できるので、とてもありがたい仕組みだと思いました。


あ~ぁ、良かった。


2009.05
01
(Fri)
我が家のメインバンクの東京スター銀行では、土地・建物の90%までしか貸し付けてくれないとのこと

これは大変だ!
現在のローンを清算して、かつ、諸経費や土地や建物の頭金をどうやって用意したら・・・とおもったら、他の都市銀行の住宅ローンは土地・建物の購入額の全額を貸してくれるらしいです。
ほっ、一先ず安心しました。

また、通常の銀行は融資実行(=建物の最終代金を払うタイミング)までに現所有物件の売却を求められるのですが、みずほ銀行のローンは、融資実行から6ヶ月以内に売却をすればよいそうです。

(その分、金利が不利なのかもしれませんが、売却がじっくり出来ます)



2009.05
01
(Fri)
先週立て続けに未公開物件として、いままではまったく手が出なくあきらめていた地域の土地が、予算の20%高くらいの価格で持ち込まれ、
駄目もとで、予算の15%増しの金額で買い付けを出したものの、やはり2件続けて玉砕

その辺から、金額の感覚が崩れてきてしまって、
3件目に持ち込まれた物件が、前の2件よりは格下の地域であるにもかかわらず、予算の15%UPで持ち込まれたときに、飛びついてしまいました

一体この買い物は安かったのだろうか、高かったのだろうか・・・・。

場所や周囲の環境はとても気に入っているのですが、広さがあと10㎡欲しかった
でも、あと10㎡大きいとその分高くなってしまうし・・・。

今のご時勢、もう少し待っていれば、もっと良い物件とめぐり合っていたかもしれません。
でも、その地域で角地で南接道という土地なので、めぐり合いは難しいかもしれません。

明後日には契約です。



 | HOME | 
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。