プロフィール

はる

Author:はる
高齢出産で2児の母。物が溢れ手狭になってきた我が家。単に片付けが下手なだけという気もするが、気持ちは、そろそろ一戸建て・・・なのよね。

不動検索サイト等


土地検索の面積が10㎡単位で探しすい 




土地検索の面積が10㎡単位で探しすい
駅からの時間の絞込み項目無し






速報:地価とマンション価格の動向調査発表。「ノムコム」



↑エステート白馬は一物件に対して写真の量が他よりも全然多い。


売却一括査定サイト


おすすめ本
注文住宅を考え始めたら読む本

「いい家」が欲しい。 改訂4版
「外断熱+木造+二重通気工法=最高」と説く本。偏向の気味はあるが、素人にもわかりやすい。

「外断熱」が危ない! (住宅が危ない!シリーズ)
「いい家」の反論本。「いい家」を読んだら、必ずセットで読まないと中立に判断できない。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
新居便利リンク

地デジアンテナ設置

月別アーカイブ
住宅設備用品

設備カタログまとめて請求できる

内・外建材

エクステリア他

床のワックス

照明

住まい関連

ブログ内検索
リンク
PR

RSSフィード

わが家は・・・・・建つの?

二人目が生まれ、専業主婦なのにちっとも片付かない我家。もっと広い一戸建てに住みた~い。建売or中古? やっぱり注文建築にあこがれる日々

--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01
22
(Sat)

 確定申告 

税金の還付でちょっとへましちゃいました。

我が家は買い替えなのd、居住用財産の譲渡損失があり、税金が戻ってくるはずです。

新しい家の住宅ローンもあるので、住宅ローン控除も適用になるはずです。

で、平成21年は住宅ローン控除を申告し、平成22年度分の今年の申告は譲渡損失の方で税金の還付をしてもらおうとおもっています。

でもでも・・・・

売却物件の方は契約日は平成21年、引渡し日が平成22年、
購入物件は引渡しが平成21年末で住宅ローンの1回目の支払いが平成22年からだったので、

もしかしたが、
平成21年度の確定申告で譲渡損失の還付を申告し、
住宅ローン控除は平成22年度から申告したほうが、1年分住宅ローン控除を長く受けられたかもしれません。

ちょっと、税金のことは難しくって良くわからないのですが、
銀行の人が住宅ローン控除は平成21年からでも平成22年からでもスタートから10年間受けられるって行ってました。

借り入れが年内でも、返済が始まった年からにできる?みたいです。

譲渡損失の申告も、契約日でも引き渡し日でもOKらしいです。

年末引渡しの方は、よく研究したほうがいいかも・・・
スポンサーサイト
2009.05
02
(Sat)
注文住宅は諸経費がかかるって聞いていたけれど、本当!っにかかります。

マンションを売却して土地から購入して建てるので、
仲介手数料だけでも「売却分」「土地購入分」が必要だし、
登記費用も「土地」と「建物」でかかるみたいだし。

一体全部でいくらかかるのか、霧の中って感じです。

「諸経費コミコミの価格です。」って、ハウスメーカーに提示されても、そのコミコミで本当に全部おしまいなの?
いくらなんでも、その中にはマンション売却のほうの諸経費は含んでないだろうし・・・・。

土地を買うときは、予算オーバーだけどこれくらいならちょっと背伸びしてがんばれば・・・・
なんて思ったけれど、後から、後から、
素人が思っても見ない費用が、ピョコンと飛び出してきます。恐怖のびっくり箱状態。

一体、終わりには我が家の財政はどうなっているんだろうか?
2009.05
01
(Fri)
ハウスメーカーでお金の流れを教えてもらい、着工金・中間金がかかるのを初めて知る。

住宅ローン実行前に、かなりの現金がいることを知り愕然とする。

【つなぎ融資】とやらを我が家も利用することになるんだろうか?とビビッていたら、
工務店によっては、着工金・中間金無しで、最初に若干の契約金を払うだけで、残金は建物の引渡し時=住宅ローン実行時で良いらしい。

どうやら、銀行の融資の支払いを、ローンを組んだ人間ではなく、メーカーに直接支払う代理受領という手続きができるらしい。(メーカーの承諾必要)

メーカーとしたら、銀行から直接支払われるので取りぱぐれが無いというメリットがあるものの、
建物を引き渡しまで、建築費をすべて立て替えなければならないというデメリットがあるみたい。

ただ、建てる方としたら、
着工金・中間金を支払って、建ててもらっている途中で倒産とかになったら困るし、
自己資金も圧縮できるので、とてもありがたい仕組みだと思いました。


あ~ぁ、良かった。


2009.04
27
(Mon)

住宅ローン 

我が家のメインバンクの東京スター銀行へ、買い替えの際のローンが組めるのか問い合わせた。

◎住宅ローンは旧と新の2本立ては組めない→現在のローンを清算する必要がある。
◎ローンは土地と建物の2本立てになる。
◎実行額は土地・建物それぞれの90%まで

◎建物の融資の実行は、建物の完成後
◎変動金利で5月は2.8%予定

◎建物のローンがないと住宅ローン税額控除の対象にはならない。

ということは・・・・
必要な金額土地の手付金(約5%)

土地の自己資金5%
土地の仲介手数料
土地の諸経費
現居住マンションの売却手数料
現マンションの売却諸経費
建物の契約金
着手金30%
中間金40%


ざっと計算したところでも、現ローン清算以外に1320万くらい必要。
また、建物が完成するまでの建物の中間金等で、1190万くらい短期で用意する必要がある。

このマンションを賃貸になんて悠長なことを言っている余裕はまったくないことが判明。

厳し~い

 | HOME | 
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。